【絶対階級学園】レビュー!Vitaで人気のあった絶対階級学園が、PS4の美しいグラフィックでも遊べる!

絶対階級学園 ゲームレビュー

絶対階級学園は、超人気乙女ゲーム三国恋戦記で有名なDaisy2が手がけたもの。最初にPC版が、次にPlayStation Vita版が販売されましたが、あまりの人気ぶりにプロトタイプからPS4にも移植が決定。これにより美しい和田べこさんの原画をより大画面で、画質も音質も全てがハイクオリティー使用で楽しめるようになりました。

本作のおすすめポイントとしては、乙女ゲームなのになかなかの骨太シナリオ作品であること。貧民地区にクラス主人公ネリは父親の失踪共に櫂宮学園へ行くことになるのですが、そこでは絶対的階級制度のために身分差別が激しく、とても乙女ゲームとは思えないような目に逢います。

そんな暮らしの中で同じ学園の彼と恋をしつつ、なぜ階級制度があるのか、ネリが学園に来ることになった理由は?と謎に迫っていくのが最高に面白いです。

既にVita版をプレイされた方には、大きなシナリオ変更はなく、結末が分かってしまっていてつまらないと感じるかもしれません。それに、彼にドキドキするシーンだけでなく、ルートによっては敵対することもあるのでそういうのが苦手な方は要注意となっています。

しかしプレイしてみた感想としては、恋愛要素が薄いと言われつつも、骨太シナリオ+丁寧な恋愛描写で乙女ゲーム感は想像以上にありました。真実にたどり着いたときには、背筋がぞっとしたほどです。

途中から読めてしまう的な薄い内容ではないので、やり応え抜群な乙女ゲームとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました